日常

虫歯の痛み 痛んでからでは遅い虫歯の治療

虫歯の怖さ

どうも。ひろです。

皆さんは虫歯ありますか?

私は甘いものが好きで頻繁に虫歯のために歯医者へ治療へ行っています。

少しでも歯が痛いと思った時は歯医者に行ってください。

このくらい大丈夫というのは危険です。

皆さんは虫歯の怖さをご存知でしょうか?

私は去年の2月に虫歯が原因で入院しました。

今回は虫歯の怖さと入院した原因についてお話ししていきます。

はじめに言っときます。私は医者ではないので専門的なことは調査した内容になります。

虫歯とは?

時間がある方、詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。

虫歯とは?

要約すると口の中の細菌によって歯が溶かされてしまう病気です。

虫歯になった部分は黒くなり、

冷たいものや温かいものが滲みたりしますよね?

ひどくなると神経まで菌が行ってしまうと激しい痛みを伴います。

虫歯は感染症

赤ちゃんの時はまだ口の中に虫歯の菌はいません。

虫歯の菌が一度口に住みつくと一生口の中に住みつくことになります。

以下の記事を参考にさせていただきました。

虫歯の状態について

早い段階で歯医者へ行った方が良い理由

虫歯は放っておいても自然治癒力で治る病気ではありません。

つまり少しでも異常を感じた場合は少なからず歯の状態は悪くなっているという証拠です。

早い段階で虫歯の治療をすることで健康な歯の状態を維持することができます。

歯医者は歯を守る場所

私もそうなのですが、歯医者は悪くなった歯を治療する場所と捉えている方が多くないでしょうか?

そうではなく、自分の大切な歯を守ってくれる場所なのです。

実際に歯石をとってくれたりしていますよね?

あくまで私の考えですが、

虫歯以外にも歯を守るために最善を尽くしてくれるのが歯医者です。

虫歯を放置しすぎると

私の去年の2月頃実体験したです。

虫歯がひどくなっていたのですが、放置していたら痛みがなくなっていたので

歯医者に行きませんでした。

ある日突然歯が少しずつ痛み始めました。

その時旅行中で行きつけの歯医者に行けず近くにも歯医者がなかったので

痛み止めでとりあえずやり過ごそうとしました。

しかし日に日に痛み止めは効かなくなり、

ついには頬が2倍程度晴れてしまいました。

歯医者に行ったところ、歯の根っこに膿が溜まって炎症を起こしていました。

そして炎症を抑えてからではないと治療ができないということで、

点滴を打つために1週間弱入院することになりました。

結果的に炎症がひいてから抜歯をしたのですが

歯がないのは結構辛いものですよ。

私は奥歯だったので食べ物をうまくかめない状態になってしまいました。

そうならないためにも歯痛いかも知れないと思った時は

本当すぐに歯医者に行くべきだなと思います。

健康な歯があるのは当たり前のことではないのです。

行く時間がない

行く時間がなくて少しの痛みくらいなら行かなくていいやと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに歯医者に行く時間を確保するのは難しいかも知れません。

しかし先ほどお話ししたように治療が遅くなってしまえば

治療する期間が長くなってしまいます。

初期段階でいくことで治療期間も短くなるので無理してでも予定を空けて

歯医者へ行きましょう。

まとめ

今回は虫歯についてお話ししました。

少しでも歯が痛いと思った方はすぐに歯医者へ行って見てもらいましょう。

私のように1週間弱入院生活にはなって欲しくないです。

お金も時間もかかってしまうので早めの段階で処置してもらいましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

参考にさせていただいたサイト

虫歯の治療

-日常
-, , , , ,

Copyright© 日常で感じたことブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.