ノウハウ 未分類

メモを取ることの重要性

どうもひろです。

最近仕事でもプライベートでもよくメモをとっています。

みなさんはメモをたくさんとっているでしょうか?

忘れちゃいけないことだけをメモしている方は多いのではないでしょうか?

私はそれ以外にも日常で感じたこと、気づいたことについてもメモするようにしています。

メモをすることで頭の中がスッキリすることはご存知でしょうか?

メモの重要性についてお話ししていきます。

人間の脳について

人間の記憶には限りがあります。

20分で42%

1時間で56%

1日で74%

忘れてしまうそうです。

そして、覚えられる量にも限界があります。

容量がいっぱいになってしまったらPCのように消さないと

覚えることができなくなります。

その為せっかく覚えた知識も時間が立つにつれて忘れていってしまいます。

繰り返すことで記憶は定着すると言われていますが、

どこか不安になったりしますよね?

そう言ったときに役に立つのが「メモ」なのです。

メモとは

PCでいうところの外付けHDD(ハードディスク)に当たります。

容量がいっぱいになったとき、USBやクラウドにデータを逃しますよね?

それと同じような感じです。

どちらかというと脳を空にする為にメモに残してまっさらな状態で

何かを考えるということになります。

頭の中で何か思い残したこととかあると気になって作業に手中できませんよね?

そう言ったときに便利なのがメモに書き出して頭の中をクリアにするということなのです。

メモする内容

以下の3点についてお話ししていきます。

・重要なこと

・今の自分の感情

・ふとしたアイディア

重要なこと

こちらは結構やっている方は多いと思います。

絶対に忘れてはいけないものをメモしておき、

時間がある時に見返すというようなものです。

仕事が中心になるメモになると思いますが、

大事なことを忘れないようにメモを活用しているはずです。

私もプライベートでも大事な約束などはメモに残しておき後で調整すると言った形で

利用していることが多いです。

今の自分の感情

こちらはやってる方は少ないと思います。

愚痴ばっかり話す人って何か気が引けてしまいますよね?

そう言った方におすすめの方法で何か嫌なことがあったら

その感情を紙に書き出します。

冷静になって改めて考えることで精神的に安定することができます。

私はプライベート、仕事で失敗した時に落ち込むことが多いのですが、

そう言った時にその時に感じた事を全てメモに残します。

そして書いているうちに冷静になり、

失敗を次につなげるためにどうするべきか改善案をいくつか出すことができています。

ふとしたアイディア

日常であれやってみたい!やあれがあれば便利なのにと思ったことはありますか?

私は毎日そのような状況が訪れます。

しかしそう言ったアイディアはそのこと以外のことを考えるとすぐに忘れてしまいます。

そのときに活用しているのがメモです。

アイディアが出てきたときにすぐにメモに残すようにしています。

抽象的なアイディアでもメモに残すときは具体的に書かないと

後で見返したときにこのアイディアなんだったけ?という状況になってしまうので

できるだけわかりやすくメモに残すようにしています。

具体化するのが難しい場合はそのまま思いついたことを図を使ってメモをするとよりいいと思います。

紙のメモとデジタルのメモのメリット・デメリット

メリット

・常に持ち歩ける

・どこでもメモすることができる

・図など直感的に描きやすい

上記の3点が紙のメモのメリットかなと思います。

メモ帳はそこまで高くないですし、気軽に使えるという点では優れていると思います。

デジタル

・検索できる

・クラウドなどにデータを上げておけばなくすことはない

・手軽

上記の3点がデジタルでメモを取るメリットかなと思います。

紙のメモと比べるとなくす可能性が低いので物をなくしやすい方はデジタルでメモを取る方をお勧めします。

デメリット

・なくしてしまう可能性がある

・どこに何を書いているかまとめないとわからない

・ページがなくなったときに新しいメモ帳がないとメモができない

上記の3点が紙のデメリットだと思います。

せっかくメモしたのになくしてしまったら焦りが出てきてしまいますよね?

せっかくいいアイディアだったにもかかわらず何処かに行ってしまっては意味がありません。

また、あんなこと書いていたなというときに最初のページから見返していかないと見つけることができないのも紙の最大のデメリットです。

デジタル

・手書きに比べてメモをしたという記憶さえ残りにくい

・メモ帳を一つにしていれば良いが、別々に分けていた時どこに何が書いてあるかわからない

・場所、状況によってはメモを取ることが難しい

上記の3点がデジタルのデメリットだと思います。

一つ目・二つ目の項目に関しては、私自身デジタルでメモを取っていて感じていることです。

手書きのメモに比べてどういうことに関してどこのファイルに書いてあったか忘れてしまうことが多くあります。

その為、ある程度の時間がたったらどこに何が書いてあるかというメモの棚卸しが必要になってきます。

また、PCやスマホを出せない状況でメモを取りたいというときに取ることができないのが難点です。

私はデジタル派

断然私はデジタル派です。

メモをなくすことが多く、あのメモどこやったっけ?という状況が続き

他のことが考えられなくなってしまうことが多くあります。

そう言った点からメモはデジタルで取るようにしています。

メモ帳を使っても良いと思うのですが、私はEvernoteを愛用しています。

メモの検索ができるのでキーワードさえ入れれば写真で撮ったものでも検索できるという優れものになります。

もしきになる方がいましたらEvernoteを使ってみてください。

無料版もありますのでまずは無料版から使ってもし気にいるようであれば

他のプランにしても良いかなと思います。

まとめ

人間の脳も容量があるので定期的にどこかに書き出してあげないと一杯になってしまいます。

メモに残すことで頭の中をクリアにすることができます。

見返したときにこのときこう言う考えだったや、そこから新しい考えが生まれるかもしれません。

その為にもメモの存在はとても重要になってきます。

自分の感情も全てメモに書き出していき、自分をコントロールしそこから新しい考えを生み出して一緒に成長していきましょう。

-ノウハウ, 未分類

Copyright© 日常で感じたことブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.